「【管理職】個人のスキルUP」カテゴリーアーカイブ

人のヤル気を高める「褒め方」セミナー

私たちは褒められてヤル気が出ます。

確かに褒められるといい気持ちになります。ただ、それだけでいいのでしょうか?

201503理想の上司になるためのショートセミナーのご案内.pdf

また、会社では偉くなれば偉くなるほど、褒められる機会は減っていきます。
端的に言えば、社長になると、褒めてくれる人は社内にはいません。
とはいえ、部下がいる人は、褒めてヤル気を引き出すことが求められます。
仕事をやって結果を出すのが当たり前で、褒めるなんて。。。

右肩上がりで経済が成長していたときはそれでよかったかもしれません。

今の社会環境では、末端で働く人達のヤル気を高く保つことが、なにより高い成果を上げることにつながります。

そのカギになるコミュニケーションが「褒める」です。

人を育てる立場になって、褒めたり、叱ったりしなければならなくなって、戸惑いを感じる人が多くいます。なにをどう褒めればいいのか、わからないのです。

なぜなら、褒められた体験があまりにも少ないから。
そして、昔褒められたことがあっても、忘れているから。

そして「褒め方」を教わっていないからです。

部下のヤル気を引き出し、仕事の成果を高めるための、褒め方のコツがあります。

このセミナーは2時間完結で、ヤル気を高め、確実に仕事の成果につながる、プロの褒め方を学びます。

■セミナーの特徴

  • 2時間、1講完結の内容で、ベテランの方が業務に支障なく受講できます
  • 職場に帰ってすぐ教わったことが使えるようになるため、実践トレーニングを主としています

■セミナーの効果

  • 恥ずかしがらずに「褒める」ことが日常的に出来るようになる
  • 被育成者が褒められた意味・理由が理解でき、仕事のヤル気が高まり、やって欲しいことが確実に繰り返される、よい循環が社内に起きる
  • 社内の人間関係がよくなる

■セミナーの内容

  • 人を育成で「褒める」目的 〜「褒められる」と、どんないいことがあるか〜
  • 効果的な褒め方
  • よくない褒め方
  • 実践演習 

201503理想の上司になるためのショートセミナーのご案内.pdf

人が育つ「叱り方」セミナー

私たちは叱られて成長します。
これまでの人生を振り返って考えてみると、
「確かにその通り…」と思うのですが、
叱られた瞬間、「これは自分の成長のためだ!」と思えたかと言えば、
そうではなかったはずです。

201503理想の上司になるためのショートセミナーのご案内.pdf

人を育てる立場になって、褒めたり、叱ったりしなければならなくなって、
部下との関係性を損なわず、ヤル気も失わないような叱り方がわからず、
指導すべきことが指導できないでいるとしたら、
これは指導者にとっても指導される側にとってもよくありません。

日本中で育成者の研修をしていますが、同じような悩みを聴きます。
どうしてこうなってしまうのでしょう?

それは「叱り方」を教わっていないからです。

沢山叱られれば叱り方が上手になるかといえば、そうではありません。

このセミナーは2時間完結で、
ヤル気を損なわず、確実に仕事のやり方を身につけ、
実践できるようになるためのプロの叱り方を学びます。

■セミナーの特徴

  • 2時間、1講完結の内容で、ベテランの方が業務に支障なく受講できます
  • 職場に帰ってすぐ教わったことが使えるようになるため、実践トレーニングを主としています

■セミナーの効果

  • 自信を持って叱ることが出来るようになる
  • 叱られても、被育成者がヤル気を損なわない、指導者との関係性が保たれる
  • 被育成者が叱られた意味・理由が理解でき、同じ過ちを繰り返さない

■セミナーの内容

  • 「怒る」と「叱る」の違いは?
  • どうして叱る必要があるのか? 〜私たちは叱られて成長する〜
  • よい叱り方、悪い叱り方
  • ヤル気を損なわない、叱り方のコツ
  • 実践演習 

201503理想の上司になるためのショートセミナーのご案内.pdf