新入社員や若手の後輩を指導育成する役割の方向けの研修です。人の上に立ち指導育成するための意識と考え方、そしてそれを職場で実践するためのコミュニケーション・スキルを身につけます。
 
■研修の対象者
こんな方々に向いている内容です
  • 初めて指導役になった
  • 過去にも若手の指導経験はあるが、改めて学び直したい
  • 既にベテランで仕事の知識やスキルは優れているが、人を育てるのが不得意
  • スタッフのヤル気を引き出し成果を上げることを求められる営業所や店舗のリーダーやサブリーダー
 
■研修の目的
  • 仕事を自分事として捉え、率先してイキイキと取り組む姿勢を作る
  • 育成者としての自己認識を作り、部下を育成・指導できる人材となる
 
■研修の目標
  1. 担当職との立場、意識の違いを認識し、育成者に必要な意識と考え方、価値観を理解している
  2. 会社の方針を理解し、自分事として仕事に取り組む意識、上位者として部下にお手本を示せる意識になっている
  3. 部下・後輩のヤル気と能力を引き出し、成長させ、成果を上げるためのコミュニケーションができるようになっている

■研修の効果
  • 同じ立場、役割の受講者同士の情報交換や育成のアイディア共有ができる。自分だけで指導の課題を抱え込まなくてもよいことに気づく
  • 育成者に必要な利他的な考え方や価値観を具体的に学び、上位者に相応しい意識になる



■研修の様子
ojt01.png ojt02.png



■研修の流れ
基本プログラム(1日)
項目 目的 演習概要
オリエンテーション
  1. 他の受講者とよく知り合い、緊張を緩和して創造的な学びの場を作ります。
  2. なぜ学ぶのか、どのように学ぶのかを理解させ、研修への参画意識を高めます。
  • アイスブレイク(現状の困り事共有)
  • セミナーの方向付け(現状の課題明確化と学ぶ目的の理解)
  • 自らゴール設定をする
育成者の役割
  1. トレーニーとの役割や意識の違いを再認識させ、育成者として活動するために知っておかねばならないことを理解する
  2. 会社のが目指す方向性の中で育成者はどのような役割を期待されているのか、具体的にどういうことをするのがよいのかをグループワークで明確化し、次のセッションの「意識」につなげる
  • 組織の観点から理想の育成者像をイメージさせるグループディスカッション(テーマ例:理想の育成者とは?)
  • ディスカッションの成果を振り返り(自らが目指していく成長の方向を自覚)
  • 講師による講義(理想の上位者に必要な行動様式)
育成者の意識
  1. 育成者として普段から意識しておかねばならないことを認識し、具体的な行動のイメージを持たせる
  2. 育成者が職場で役割を果たしていくために必要な知識やスキルなどを具体的に認識する
  • 自分が新人だったころの体験の振り返り
  • 当時の育成者の言動から、理想の育成者が持つべき意識と具体的な言動をグループ共有を通じて整理し自覚する
  • コミュニケーションゲームで言葉で伝わること、伝わらないことを体感。指導に必要な意識を自覚する
傾聴のスキル
  1. 後輩から信頼を得、関係性をより深め、目的・目標を共有するチームを作るために必要な、コミュニケーションの基礎スキルを学び、実践意欲を高める
  • 聴く姿勢
  • 聴く意識
  • 聴くための実践スキル
質問のスキル
  1. 相手の内面を引き出すための質問法を実践的に学び職場ですぐ使えるようにする。相手の動機の元がどこにあるのかを引き出せるようになり、相互理解を深める
  • 深める質問、広げる質問
  • 価値観を明らかにする質問
  • 訊くために必要な意識
効果的な指示
  1. 相手の内面を引き出すための質問法を実践的に学び職場ですぐ使えるようにする。相手の動機の元がどこにあるのかを引き出せるようになり、相互理解を深める
  • 深める質問、広げる質問
  • 価値観を明らかにする質問
  • 訊くために必要な意識
効果的な指導
  1. トレーニーを効果的に指導し、育成するために必要なフィードバックの方法を学んで、職場で実践できるようにする
  • 効果的な褒め方
  • 叱ると怒るの違い
  • 効果的な叱り方
  • 効果を発揮する指導のタイミング
  • 効果的な指導のために必要な意識
総括
  1. 研修で学んだことを整理し、自分の課題を明確にしたうえで、直近の目標設定を行い、最初の行動を促進する
  • 研修での学びと気づき、これからの課題、最初の取り組みを「実践の決意」として一人ずつ全受講者の前で発表し、育成者としての意識を固め、職場での実践を促進する


 
■受講者のコメント(受講アンケートより)

(エネルギー、30代)
研修では、自分と相手の間の認識に差異が生じているということと、聴き方によって印象が全く異なる物になるということを学びました。仕事で相手はわかるだろうといった思い込みで伝え方が不十分にならないように今後は詳細まで相互確認を行い、伝え方に注意し指導していきます。

(製造、30代)
成果を出すためには指示を出す方の持って行き方次第。1にも2にも思いやり(利他)の気持ちで接することが大切。利他のつもりがつい利己になっているところがあったと思います。叱り方・褒め方を思い切って変えてみようと思います。今後は、課題の解決・改善方法を明確にしないまま、まずダメ出しだけをすること、話を最後まで聴かず、答えを先に言ってしまうことを止めます。

(サービス、20代)
人に何かを伝えるには、よく状況を聴いて違う価値観を受け入れることが大切だと分かりました。仕事では若手からの相談も多くありますので、相手とキチンと向き合い悩みや問題の解決のために自分の聴き手としての姿勢を意識して、効果的な聴き方、質問を実践し、まずは、部下の話を受け入れるところからスタートします。

(製造、30代)
今回研修に参加し、仕事面に対しても、職場での人とも、向き合い方が少し変われた気がしました。今までネガティブに考えた事も、少し角度を変える事で違った考え方ができました。講師の方も元製造業出身という事で自分の実体験話など、共感できとてもよかったです。研修内容についても、最初は堅苦しい講習かと思いましたが、ゲーム性を取り入れた内容など、楽しく学ばせてもらいました。今後研修で学んだスキルを活かしていきたいです。